光回線を利用する際には、多くの場合には工事が必要となります。従来のADSL回線の場合には、通信に電話回線を使うため、建物にすでに電話回線が引き込まれているなら別途の工事は必要なく、NTT局舎内の工事のみでサービスを利用することができます。しかし光回線の場合には、電話回線ではなく光ファイバーを通信に使うことになるため、建物に光ファイバーが引き込まれていない場合には新たな工事が必要となるわけですね。入居した家や部屋に住んでいた前の住人が光回線を利用していた場合には、すでに建物に光ファイバーが引き込まれているので、新たな工事は必要ないのですが、そうでない場合には、利用する人が工事費を負担してサービスを開始しなければいけません。

 

光回線の工事にかかる費用ですが、回線業者によって異なります。目安としては15000円〜5万円程度が相場ですね。ただし、この金額を最初にまとめて支払わなければいけない業者は少なく、多くの場合には2年〜3年にわたっての分割払いという支払いシステムとなっています。そのため、毎月の負担額は1000円ちょっと程度とリーズナブルになっている所が多いですね。また、光回線業者によっては、キャンペーンなどを開催していて、利用者にかかる金銭的な負担を軽減するための配慮がされています。例えば国内シェアでは2番目に多くのユーザーを抱えるAU光では、個人向けのキャッシュバックキャンペーンが充実していて、これから光回線を利用したい人にとっては、経済的な負担を軽くしてサービスを利用できるシステムとなっています。

 

ただし、光回線の工事費を分割払いする際には、注意したい点があります。それは、分割払いが終了する前に契約を解除した場合には、残債の支払い義務が残るということですね。キャッシュバックサービスを導入している業者の中には、分割払いによる負担がなくなるようにキャッシュバックの金額が調整されていることもありますが、契約を解除するとキャッシュバックはそこで打ち切りとなる一方、分割払いの残債だけは残るので、最後にまとまった金額を支払わなければいけなくなってしまいます。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!



インターネット光回線の工事費はいくらか?

現在使っているインターネットを開通する時には、実際に作業員が自宅にやってきたという人は多くありません。その理由は、NTT局内における工事だけで開通できたからなのです。しかし新築だったりすると、まだ建物にインターネットの回線が引き込まれていないため、実際に作業員が来て回線を引き込むための作業が必要となります。

 

光回線の場合、まだすべての建物に普及しているというわけではないため、開通の申し込みをすると実際に作業員が現場に着て作業を行わなければいけないことが一般的です。これは光ケーブルを建物に引き込むための作業となるわけですが、複数の作業員が数時間かけて行うため、簡単にさっと済ませられる工事というわけではありません。そのため、光回線の申し込みをしても、工事の予約がなかなか取れずに待ち時間が数週間から数か月になってしまうことも多いのです。

 

光回線の開通に際してかかる工事費用ですが、業者ごとに異なります。1万円~4万円程度の所が多いのですが、光回線業者によっては全く掛からないという所もあれば、工事費はかかっても後からディスカウントなどで返還してくれるので実質無料という所も多いですね。数万円の工事費用がそのままそっくり利用者の負担になるというケースはゼロではありませんが少ないようですね。そのため、光回線を選ぶ際には、かかる工事費を比較しながら業者選びをするのがおすすめです。

 

最初の工事費にいくらかかるかという点はとても大切なのですが、工事費を毎月の分割払いにして、同額をディスカウントという形で相殺してくれる業者の場合には、一つだけ注意が必要です。それは、完済するまでに解約した場合の負担ですね。工事費の分割払いは2年~3年にわたっていて、完済まで使い続ければ工事費は実質無料となります。しかしその前に解約すると、分割払いの残債は一括返済となりますし、毎月ディスカウントしてもらっていた分は解約した時点でなくなるので、残債分だけが自己負担となります。さらに、解約違約金などが発生すると、かかる負担は数万円になってしまうこともあるのです。注意しましょう。

 

auひかり公式サイトはこちら