インターネットで光回線を利用しようかなと考えた時に、やはり最初に気になるのはかかる料金ではないでしょうか。光回線の利用においてかかる料金は、大きく分類すると最初にかかる工事費、そして月額料金、プロバイダー料金とがあります。プロバイダー料金はADSL回線を利用している時にもかかる料金で、インターネットに接続する際には必要になる料金ですね。多くの光回線業者では、プロバイダー料金が回線利用料金の中に含まれていることが多いため、あちこちから請求書が送られてくることは少なくなっています。

 

インターネット光回線の料金を比較してみましょう。最初にかかる工事費用は業者によっていくらかかるかが異なりますが、目安としては15000円〜5万円程度が相場となっています。しかし、最初にまとまった金額を支払わなければいけないという業者は少なく、多くの場合には2年〜3年にわたる分割払いになっていたり、キャンペーンなどを利用することによって工事費用が無料になるなどの配慮がされています。

 

毎月かかる料金は、定額制がほとんどで、目安としては毎月4500円〜6000円程度となります。最も料金が高いのは光回線で知名度が高い光フレッツなどで、最もリーズナブルなのは地域限定でサービスを提供している業者が多くなっています。AUなどの携帯キャリアからも光回線のサービスは提供されていて、すでに携帯電話をAUにしているユーザーなら申し込みやすいですし、リーズナブルに利用できるシステムとなっているようですよ。携帯キャリアの光回線はとても人気があるので、もしも携帯電話とインターネットの請求書を一つにまとめたい人なら、ぜひ検討しても良いかもしれませんね。ちなみに、AU光は光回線サービスの中ではシェアが2番目に多い業者で、個人向けのキャッシュバックなどが充実している点が高く評価されています。また、携帯キャリアの中でもAUはもともとはKDDIから誕生しているため、回線面においては安心材料の一つとなるのかもしれませんね。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!



インターネット光回線の料金比較と選び方

インターネットの光回線の選び方には、いろいろな方法があります。例えば、申込んだ時に受け取ることができるキャッシュバックの金額で選んだり、毎月かかる月額利用料金の金額で選ぶという方法もあるでしょう。また、通信速度で選んだり、繋がりやすさで選びたいという人も多いですね。ここでは、料金面を比較してみました。

 

光回線にかかる料金は、大きく分類すると最初にかかる工事費を含めた初期費用、毎月かかる月額利用料金、そしてプロバイダ料金が月額料金に含まれているのかどうかという点もチェックしたいものです。もしも別料金の場合には、プロバイダごとに月額利用料金が異なるので、その点も比較しながら賢く選びたいですね。

 

初期費用ですが、手数料などはどこでも無料とか数千円程度なので、それほど大きな金額ではありません。しかし、開通のために必要な工事費用については、業者によって1万円~4万円と大きな幅がありますし、金額的にもかなりまとまった金額なので、よく比較したいですよね。初期工事費用については、一括で最初に払うという業者は少なく、多くの場合には2年から3年にわたっての分割払いとなっています。毎月の負担額は1000円~2000円の間になることが多いのですが、業者の中にはこの返済額と同額をディスカウントという形で還元してくれている所があるので、工事費は実質無料にすることも可能です。

 

また、毎月かかる月額利用料金については、業者ごとに異なりますが、目安としては月に5000円前後が多くなっています。一戸建てプランとマンションプランとではかかる料金は異なり、マンションプランの方が1000円~2000円程度安くなっている業者が多いですね。光回線のシェアナンバーワンであるフレッツ光は、月額利用料金は比較的高め出、マンションプランでも4250円、一戸建てプランだと6100円かかります。一方、リーズナブルな料金設定になっているのは携帯キャリアからラインナップされている光回線で、特にauひかりは月の月額料金は5000円前後、利用期間に応じて少しずつディスカウントされていくというシステムになっています。その他、ローカル地域限定の光回線も価格的にはリーズナブルなことが多いですし、プロバイダ系の光回線もリーズナブルですね。

 

auひかり公式サイトはこちら