インターネットで光回線を利用する場合には、どのような価格がかかるのでしょうか?まず最初にかかるのは、光ファイバーを建物に引き込む工事の際に発生する工事費ですね。工事費は業者ごとにいくらかかるのかが異なりますが、安い所で15000円、高ければ5万円程度となります。しかし、この価格を最初にまとめて支払うケースは少なく、業者ごとに数年単位で分割払い制度となっていたり、キャンペーンを利用することで工事費が無料になる特典がついているなど、できるだけ利用者にかかる負担を軽くするための配慮がされています。

 

光回線の利用でかかる価格には、他にも月額料があります。月額料は、回線利用料とプロバイダ利用料との2つに分類できますが、近年では回線利用料業者からの請求書の中にプロバイダ利用料も含まれていることが多いため、複数から請求書を受け取ることは少なくなりましたね。ただし、そうした場合でも、プロバイダによっては有料オプションでセキュリティシステムを導入できるなど、別価格のサービスが提供されていることがありますし、それを利用する際には請求金額がその分だけ高くなることは、あらかじめ理解しておきましょう。

 

光回線を利用する際に、毎月どのぐらいの価格がかかるのかという点ですが、工事費の分割払い分を含めない月額利用料金なら、毎月5000円ぐらいが相場となります。プロバイダのオプショナルサービスを利用すれば、その分が上乗せされますが、基本料金ならこのぐらいを目安にすると良いでしょう。高い業者でも月額5500円程度ですし、安い業者なら4500円程度で利用することができますね。

 

工事費の分割払いが毎月どのぐらいの負担になるかという点については、業者ごとにケースバイケースです。しかし、多くの業者では2年〜3年にかけての分割払いをデフォルトとしているので、毎月の負担額は1000円ちょっとが多いですね。このぐらいの金額なら、お財布に大きなダメージを与えることなく払いやすいのではないでしょうか。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!



インターネット光回線の価格比較

インターネットの光回線業者はたくさんありますが、大きく分類するとフレッツ光のようにたくさんの利用者を持つ「定番」のサービス、またauひかりのように携帯キャリアから提供されている携帯系サービス、So-netのようなプロバイダから提供されているプロバイダ系サービス、そしてNURO光のように特定の地域にのみ対応しているローカル系サービスなどに分類することができます。

 

光回線を利用する際には、初期費用として工事にかかる費用があります。これは業者ごとにいくらかかるのかが異なりますが、1万円~4万円程度とかなり幅がありますね。業者によっては、かかる工事費用を分割払いして、返済額と同額をディスカウントという形で返還することによって実質無料になるシステムをとっています。初期工事費用を一括で最初に払わなければいけない業者は少ないですね。

 

もう一つ、光回線は従来のADSLなどと比較すると、月額料金が少し高めに設定されている業者が多いですね。目安としては5000円前後なのですが、5000円以内で利用できる業者もいれば、6000円以上かかってしまう業者もあるので、業者を選ぶ際には毎月の利用料金もしっかり比較した上で選びたいものです。

 

もちろん、光回線を選ぶ際には、ただ価格だけを比較するのではなく、通信速度とかつながりやすさなども合わせて比較したいですよね。いろいろな点で比較をした結果、多くの人の満足度が高いのは、auひかりという統計が多いようです。このサービスは、毎月の月額利用料金が5000前後で業界ではかなりリーズナブルであるという点、携帯キャリアのauから提供されているものなので、携帯電話でauを使っている人なら、携帯電話の利用料金がいくらかディスカウントになるというお得なメリットも期待できます。それだけではありません。auひかりは、世界最速と言われるNURO光に次いでダウンロードやアップロードの速度がとても速いという特徴があります。価格がリーズナブルで速いのですから、これは人気が出ないはずがありませんね。

 

auひかり公式サイトはこちら