インターネットに光回線を利用する場合には、最初に工事が必要になるケースが多いですね。従来のADSL回線の場合には、電話回線をそのままインターネットに利用するので、電話回線がまだ轢かれていない新築の建物以外が工事の必要がなく、NTT局舎内の工事だけでサービスが利用できるようになるケースが多いですよね。

 

サービスの申し込みをしてから実際に利用し始めるまでに、それほど長い日数がかからないため、イライラしながら待つこともないでしょう。しかし光回線の場合には、通信に電話線ではなく光ファイバーを使うという特徴があります。

 

すでに前の住民が光回線を利用していた場合には、NTT局舎内の工事だけで済むので、初期工事が必要にはならないのですが、その建物で初めて光回線を利用するという場合には、近くの電柱から建物に光ファイバーを引き込む工事が必要となります。作業には実際に専門の作業員が足を運んで数時間かかる作業を行うため、光回線の申し込みをしてから工事を実際に行うまでには、場合によっては2か月〜3ヶ月という期間がかかってしまうこともあるのです。

 

近年ではかなり光回線が普及しているため、工事の待ち時間はずいぶん短縮され、地域によっては申し込みから1週間でサービスを利用できるようになりましたが、光回線の申し込みをする場合には、初期工事が必要になる可能性が高いということは理解しておきたいものです。

 

また、この工事をする際には、初期費用が掛かることになります。光回線の業者ごとにいくらの工事費用が掛かるかは異なりますが、15000円〜5万円が相場となっているので理解しておきましょう。ただし、最初にこの費用がまるまる掛かるケースは少なく、多くの場合には2年〜3年の分割払いが採用されていて、毎月の負担額が少なくなっていたり、キャンペーンなどを利用することによって工事費用がゼロになることもあります。よくチェックした上で申し込むのがおすすめです。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!



インターネット光回線の工事金額

インターネットの光回線を申し込むと、多くの場合には最初に工事が必要となります。従来のADSL回線などの場合には、すでに建物や室内にインターネット回線が引き込まれていることが多いため、NTTの基地局内での工事となり、実際に現地に作業員がやって来て作業を行うということは少ないですよね。しかし光回線の場合には、まだまだ普及率が低いため、建物や室内に光回線である光ケーブルが引き込まれていないということが多いのです。そのため、光回線を開通するためには、実際に作業員が現地に足を運び、数時間をかけて光ケーブルを電柱などから建物に引き込む作業が必要となります。申し込みをしても工事の待ち時間が長くてなかなか開通してもらえないというのは、そうした理由があるのです。

 

ここで気になるのは、やはり工事にかかる金額ではないでしょうか。光回線業者ごとにかかる初期工事費の金額は異なりますが、全く掛からないという業者は少なく、多くの場合には2万円~4万円程度がかかります。しかしこの金額を最初に一括で払えという業者も少なくて、実際には2年~3年ぐらいかけての分割払いがデフォルトになっている所が多いですね。そして、この分割払いと同額をディスカウントという形で実質的な工事費用を無料にしてくれている業者が多くなっています。光回線を申し込む際には、こうした方法を活用すれば、実質無料で開通できるので、ぜひ業者選びではその点も比較しながら決めたいものです。

 

ただし、このかかる工事費の分割払いおよびディスカウントでは、一つだけ気を付けなければいけない点があります。それは、完済までの期間中に解約したり他の光回線業者に乗り換えてしまう場合ですね。この場合、ディスカウントは解約と同時に停止となりますが、工事費の分割払いに関しては残債が残ってしまいます。この残債は、解約時に一括払いとなるので、注意しましょう。

 

auひかりでは、この他社からの乗り換えで発生する工事費の残債および解約違約金については、3万円程度を負担してくれるキャンペーンを行っています。3万円を超えてしまうと、その分は自己負担となりますが、3万円ぐらいまで負担してくれるだけでも、経済的には大きなサポートとなるのではないでしょうか。月額料金が安くてキャッシュバックが充実しているauひかりへ乗り換えたいという人は、ぜひこの乗り換えキャッシュバック制度についてもチェックしてみてください。

 

auひかり公式サイトはこちら