インターネット光回線は、たくさんの業者から多種多様なサービスが提供されています。そのため、少しでも安いサービスを選びたいという人は多いですよね。光回線の費用が安いか高いかを比較する際には、どんな点に注意したら良いのでしょうか?

 

まず1つ目には、最初にかかる工事費を比較するという方法があります。光回線を利用する場合には、電柱から光ファイバーを建物に引き込むための工事が必要となり、業者によって15000円〜5万円というまとまった金額がかかります。業者ごとにキャンペーンをしていたりするので、実質的な自己負担額がいくらになるのかを考えながら、業者比較をする事が大切ですね。

 

2つ目には、毎月かかるサービス利用料金を比較するという方法があります。光回線のサービス料金は業者によって多少異なりますが、相場は毎月5000円程度となっています。一般的に安い月額料金を提供しているのは地域限定で展開している業者が多く、AUのように全国規模で展開している携帯キャリアの場合には、毎月5200円程度が多くなっています。ただし、携帯電話キャリアからの光回線を利用する際には、携帯電話とテレビ、ネットなど複数のサービスをコラボさせることによって、かかる月額料金を安く抑えることが可能です。その点はしっかりと比較したいですね。

 

3つ目は、コスパを比較するという方法です。いくら安いサービス料金でも、あまり使えないサービスや通信速度が遅いのでは意味がありません。多くの光回線業者では、上りも下りも最大1Gbpsを実現していますが、もしもこれよりも低い最大速度しか提供できない場合には、光回線に乗り換えても通信速度がそれほど早くはならないかもしれない、ということを理解しておきましょう。

 

4つ目は、どんなプロバイダーを使えるのかという点も比較したいものです。光回線業者ごとに提携しているプロバイダーが複数あり、その中からユーザーが好きなものを選べるという形態が多いですね。この場合には、プロバイダー利用料金は光回線月額料に含まれることが多いのですが、プロバイダーごとにサービス内容が異なるので、その点はしっかりと比較した上で選びたいですね。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!