インターネットを光回線にすると、通信速度を従来のADSLよりも劇的にアップすることができます。それぞれの業者ごとに、どのぐらいの通信速度でインターネットが使えるのかという点は異なりますが、多くの業者では上りも下りも最大で1Gbpsを実現していて、本来のADSLの50Mbpsなどと比べると、圧倒的なスピードでインターネットを利用できることになりますね。

 

インターネットを光回線にする際には、できるだけ通信料金を安く抑えるために、AUなどの携帯電話キャリアから提供されている光回線サービスを申し込む人がとても多いのですが、携帯キャリアの光回線でも、通信速度は1Gbpsとなっています。さらに、電話やテレビなどのサービスと合わせて申し込みをすれば、さらにディスカウント価格が適用されるので、利用料金はどんどんお得になりますよね。

 

この1Gbpsの速度ですが、いくつか気を付けておきたい点があります。まず1つ目は、ADSLの場合にはNTT局舎からの距離が多くなればなるほど、速度はどうしても遅くなってしまうというデメリットがありましたが、光回線の場合にはNTT局舎との距離は関係ありません。そのため、どこに住んでいても快適な速度でネットを楽しむことができます。ただし、光ファイバーの込み具合によっては速度が遅くなってしまうことがあるので、その点は注意しましょう。特にマンションなどの集合住宅で暮らしている人だと、他の人が同じ光ファイバーを利用してネットをしていると、速度が遅くなってしまうリスクはあります。最大1Gbpsでも1Gbpsが確約されているわけではない点は理解しておきましょう。

 

また、業者によって上りと下りの最大速度は異なるという点も、最初に理解しておきたいですね。AUを含めた多くの業者では、上りも下りも最大で1Gbpsとたっぷり迅速な速度を利用できますが、NUROのように地域限定のサービスを利用すると2Gbpsという速度でネットを利用できることもあります。業者選びは慎重に行うと同時に、口コミや評判などもチェックしながら光回線業者を選びましょう。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!