インターネット回線は、従来のADSLだと電話回線をインターネット通信にも利用します。そのため、電話回線がすでに引き込まれている建物なら、サービスの申し込みをすればすぐに利用できるというメリットがありますし、サービス利用に際して工事費用などが必要にならないというメリットもあります。しかし、ADSLの場合には、NTTの電話局者からの距離が遠くなればなるほど、どうしてもノイズが入りやすくなったり、通信速度が遅くなってしまうというデメリットがありました。住んでいる場所を変えることはできないため、NTT局舎からの距離が遠い場合には、快適なインターネット通信速度はあきらめるしかなかったわけです。

 

しかし光回線を利用すると、電話回線ではなく光ファイバーを利用するため、NTT局舎からの距離に関係なく、どこに住んでいても最速のインターネット環境を手に入れることができます。光ファイバーはすべての建物に引き込まれているわけではないため、光回線を申し込むと最初に工事が必要となり、作業員が実際に建物に足を運び、電柱から光ファイバーを引き込む工事作業を行うことになります。そのコストが数万円という単位でかかってしまうという点は光回線のデメリットなのですが、インターネット回線の速度や質に関してはADSLとは比較にならないので、光回線に乗り換えたいという人が殺到しているわけですね。

 

光回線に使われている光ファイバーは、インターネット通信だけではなくて電話やテレビなどの通信にも利用することができます。そのため、多くの業者では、インターネットを光回線に乗り換えるだけでなく、合わせてテレビや電話も乗り換えることによってお得になったりキャッシュバックを受けられるなどのキャンペーンを開催していることが多いのです。

 

光回線を利用する際には、まず回線提供業者であるNTTなどの業者へ回線利用料を支払うことに合わせて、インターネット利用の際に必要となるプロバイダー費用というものもかかります。多くの業者では、回線利用料とプロバイダ料金が一つにまとめられているので、あちこちから請求書が送られてくる心配がないというメリットが期待できます。それぞれ利用料金などが異なるので、光回線を利用する際には複数の業者やサービスを比較した上で決めたいですね。

 

光回線がお得なauひかりの詳細はこちら!



インターネット光回線の仕組みと種類

インターネットには、いくつかの種類があります。どの種類を利用しても、ネットに接続できるという仕組みは共通していますが、どんな種類の回線を使って接続するのかによって、通信速度は大きく異なります。従来のインターネット回線では、ADSLとかISDNなどがありますが、これは電話回線を利用することによってインターネットに接続するという仕組みをとっています。ダイアルアップと比較すると格段に速いというメリットがあるものの、NTTの基地局からの距離が遠くなればなるほど、通信速度がどんどん遅くなってしまうというデメリットがあります。

 

近年広く普及し始めているのが、光回線ですね。これは、電話線ではなくて光ケーブルを使って情報を光に変えて送信するちう特徴があり、ADSLとかISDNと比較すると格段に早くなります。また、NTTの基地局からの距離にそれほど大きく影響を受けるわけではないため、全国どこに住んでいても比較的同じような速さでネットに接続することが可能です。光回線のデメリットとしては、大量のデータをダウンロードしたりアップロードしようとすると、場合によっては回線業者から速度制限の対象になってしまう可能性があるという点です。業者によっては、速度制限で一時的に遅いスピードになってしまうという対応もあれば、追加料金を払えば速度制限は免除という対応もあります。

 

どの仕組みでも、インターネットに接続することはできます。しかし、これからはやはり快適な光回線が人気なので、今後ネットの開通を検討している人は光回線が良いでしょう。回線業者にはいろいろな所がありますが、auひかりのように月額の利用料金がリーズナブルな上に、携帯電話のauとコラボすることによって携帯電話の月額料金をリーズナブルに抑えることが出来たり、またキャッシュバックのキャンペーンを利用すれば数万円の現金をゲットできるなどの特典がついています。回線業者ごとに、こうした特典は異なりますから、複数を比較検討しながら、少しでもお得に開通できるところを見つけたいものです。

 

auひかり公式サイトはこちら