光ファイバーを使ったインターネット接続は、ほかのサービスと比べるとやはり最速。しかし、複数の業者が提供しているので、どの業者の光サービスが最強なのか分からないという人は多いものです。auひかりを提供しているのは携帯電話会社としても知られているAUですが、AUの携帯電話を持っている人なら、いろいろな割引制度が利用できるので、毎月の利用料金もお得感が多くなることが多いようです。

 

まず、AUの携帯電話を利用していない人の場合の料金を比較してみましょう。戸建の場合には、auひかりだと月額料金は5985円となり、フレッツ光の5460円と比べると若干の割高となります。集合住宅に住んでいる場合には、マンションだとauひかりの方が安くなり、フレッツ光の4714円に対して4515円と若干お得になります。しかしアパートの場合には、フレッツ光だと4714円で利用できるのですが、auひかりの場合には5775円かかることになるので、ふれっす光の方が格安ということになります。

 

それでは、AUの携帯電話を持っている場合にはどうでしょうか?AUのスマホを利用している場合には、スマートバリュー割引が適用されるので、auひかりの価格はかなりディスカウントしてもらうことができます。戸建の場合には、auひかりだと実質4505円となり、フレッツ光よりも1000円程度お安くなりますし、マンション住まいの場合にはフレッツ光よりも1700円も安い実質3005円となります。また、アパートの場合でも500円程度安くなるので、携帯電話がAUの人なら、ネット回線もauひかりが断然お得ということになりますね。

 

ただし、住んでいるエリアや地域によっては、auひかりやフレッツ光が対応していないことがあったり、対応していてもスピードがイマイチだったりする場合があるかもしれませんので、料金だけで決めるのではなく、かならず口コミとか評判をチェックしながら、自分が住んでいる地域ではどのネット回線が好評なのかを検討することが大切です。また、auひかりでは、テレビや電話とセットにすることでディスカウントが適用されたりするので、これをきっかけにこうしたサービスを見直してみることもおすすめです。

 

auひかり さらに詳しくはこちら



au光(auひかり) フレッツ光の料金比較とその違い

光回線においては、業界でナンバーワンのシェアを誇るフレッツ光と、ナンバー2のシェアを誇るauひかりは、どちらも人気が高い業者です。しかしこの2つの光回線には、たくさんの違いがあることはご存知ですか?

 

まず、提供している業者ですが、フレッツ光はNTTが提供しているのに対し、auひかりは携帯キャリアのauが提供しています。もともとauは国際電話のKDDIを母体にしているので、どちらも電話通信系の業者から提供されているという点では共通点がありますね。

 

この2つのサービスの料金を比較してみましょう。まず、料金システムに大きな違いがあり、フレッツ光の場合には経過年数に応じて利用料が少しずつ安くなっていくのに対し、auひかりは最初からリーズナブルな料金で利用できるという違いがあります。フレッツ光の場合、最大速度1Gbpsで契約した場合だと月額料金は6100円~スタートし、年を追うごとに少しずつ低くなり、5年目には5700円まで下がります。一方auひかりの場合には、最初から月額料金は5200円と決まっていて、何年利用してもこの価格が変わることはありません。もちろん、キャンペーンなどを利用すると月額料金がディスカウントされることはあるので、実質的に5200円よりも安く利用することも可能ですね。

 

フレッツ光の場合、NTT東日本と西日本とでかかる料金設定が異なっているのですが、東日本は初年度は月額料金6100円~スタートして少しずつ下がっていくのに対し、フレッツ光西日本の場合には、キャッシュバックなどの恩恵があるため最初の2年間は実質的な月額料金はauひかりよりも安い4810円で利用できます。しかしそうしたキャッシュバックがいっさい適用されなくなる3年目以降には、かかる月額料金は5300円まで跳ね上がり、そこから少しずつ経過年数に応じて下がっていき、5年目になると毎月5110円の利用料金となります。

 

フレッツ光は住んでいる場所によって東日本と西日本とが決まるため、自分で選択することはできません。しかし、もしも東日本に住んでいるのならフレッツ光よりもauひかりの方が何年利用してもずっとお得ですし、西日本に住んでいる場合だと最初の2年間、そして5年目以降にはauひかりよりもフレッツ光西日本の方が安くなるので、その辺も考えながら光回線を選びたいですね。

 

auひかり公式サイトはこちら