auひかりでは、回線利用料とプロバイダ料金は全て月額料金に含まれているのが特徴ですが、それはマンションタイプのサービスでも変わりません。auひかりは、戸建の場合とマンションの場合とではかかる利用料金が異なっていて、マンションの方がよりリーズナブルに利用することができます。これは、マンションに引き込んだ光ファイバーを、複数の利用者が共同で利用するために料金面がお安くなるというものです。ほかの人と共同利用すると言っても、自宅のネットのスピードが遅くなったりする心配はありませんし、誰が最初の初期費用を負担するのかという点でもめることもないので安心してくださいね。最初に申し込んだ人でも後から申込んだ人でも、かかる料金は全く変わりませんし、インターネットのスピードなども後からほかの人が申し込んだから遅くなったなんてこともありません。

 

auひかりのマンションタイプの料金ですが、最初にかかる初期工事費はキャンペーンを利用すれば3万円を実質無料にすることができます。キャンペーンでは、毎月少額ずつのキャッシュバックを行っていて、30か月継続することによって毎月キャッシュバックが料金から差し引かれ、工事費が最終的に無料になるというものです。戸建の場合にもこうしたキャッシュバック特典はついていますが、マンションの場合でももちろん利用できます。

 

かかる毎月の利用料金ですが、ネットのみを利用する場合には戸建プランよりもずっとお安く、毎月3800円で利用可能となっています。また、ネットに合わせて光電話も利用したい場合には、さらにディスカウント価格が適用されるので、毎月の料金はわずか4300円のみ。そして、ネットと光電話とテレビをセットで申し込めば、プロバイダ料金もすべて含まれて毎月4800円での利用が可能です。もちろん、ネットとテレビだけという組み合わせでもOKで、この場合には、ネットと光電話を申し込んだ時と同じ料金の4300円が毎月かかることになります。

 

auひかり さらに詳しくはこちら



au光(auひかり)マンションタイプの料金は?

auひかりに限らず、光回線のサービスでは、一戸建てとマンションの場合には、かかる料金が異なります。これは、一戸建ての場合には一つの世帯に一つの光ファイバーを引き込むのに対して、マンションの場合だと一つの光ファイバーを複数人で利用しなければいけないため、価格面で少しディスカウントされているわけですね。複数の人で光ファイバーを共有するということは、一つの世帯でたくさんネットを使うと他の世帯の通信速度が遅くなってしまうという事態になりかねません。そのために、そうした点を考慮して料金面がリーズナブルになっているのです。

 

auひかりのマンションプランには、いくつかのプランがラインナップされています。16世帯以上が契約する場合だと、タイプEが最もお得となり、プロバイダ利用料を含めた月額利用料金は3400円となります。同じマンションでも8契約以上の場合だと料金は少し高めとなり、プロバイダ利用料を含めた金額は3700円となっています。また、タイプVもお得です。8契約以上の場合にはかかる月額料は4100円、16契約以上だと3800円となります。

 

マンションタイプのプランで、ネット以外に電話やテレビとセットで申し込みたいという場合には、マンションギガプランが良いでしょう。通常契約だとネットのみで毎月4050円となるところ、電話やテレビをセットにする事によってディスカウントが適用されるので、ネットと電話のセット、およびネットとテレビのセットだと月額料金は4550円、ネット、電話、そしてテレビをセットにすると月額料金は5050円となります。

 

マンションミニギガプランもあります。こちらは3階建て以下かつ総戸数が8個以上のマンションやアパートに適用されるもので、かかる費用はギガプランよりも若干高くてネットのみは5000円、ネットと電話・テレビのいずれかをセットにすると5500円、3つ全てをセットにすると6000円の月額利用料金となります。マンションプランの場合、住んでいる環境によってあらかじめどのプランが適用になるかが決まっている場合が多いですね。

 

auひかり公式サイトはこちら