auひかりでは、ソネットやビッグローブ、アサヒネットなど合計7つのプロバイダーが提携していて、auひかりを契約する時にその中から1社を選ぶことができます。プロバイダはそれぞれ、取得できるメールアドレスの数とかウィルスチェック機能の有無、ホームページやブログの容量などが異なりますから、ライフスタイルに応じて必要なサービスをカバーしてくれるプロバイダを選びたいものです。通常の場合、こうしたプロバイダは、それぞれ利用料金が異なっているので、インターネットの利用回線業者とは別に請求書が送られてくるものです。しかしauひかりの場合には、プロバイダにかかる料金は全てauひかりのサービスの中に含まれているので、請求書が複数から送られてくることはありません。

 

また、auひかりの通信速度は他の光ケーブルと比べても超高速になっているので、プロバイダによるわずかな速度の違いを実感することがありません。どのプロバイダを選んでも、ほかのインターネットサービスよりも圧倒的な速さを実感することができます。例えば、映画1本分ぐらいの容量を持つコンテンツをダウンロードしようとすると、容量が大きいために通常の光ケーブルでも5分ぐらいの時間がかかってしまうことが多いものです。しかし、auひかりなら、ダウンロードにかかる時間はたったの30秒程度と短いので、ネットの速度に対してイライラしたりストレスをためることがなくなります。インターネットは必要な時に超高速でスッキリ通信できるので、時間の節約にもなりますし、ストレスをためることがなくなるだけでも大きなプラスと言えるでしょう。

 

プロバイダを選ぶ際には、それぞれ機能やサービス内容が異なるので、比較検討しながら自分にピッタリのものを選ぶことが必要です。契約した後にプロバイダを変えることもできますが、プロバイダを変えても実感できる速度の違いはほとんどないので、速度面でメリットを期待して変える必要はないでしょう。

 

auひかり さらに詳しくはこちら



auひかり プロバイダによる速度比較、はやいのは?

auひかりは、たくさんのプロバイダが提携していますが、それぞれのプロバイダごとに行っているキャンペーンのキャッシュバックや、利用できるサービスの内容は異なります。かかる月額料金はどのプロバイダを選んでも同じなのですが、どのプロバイダが自分にとって最もニーズを満たしてくれるのか、そしてお得なのかを考えながら選ぶことは必要です。

 

プロバイダごとに比較したい項目の一つに、通信速度がありますね。auひかりの場合には、プロバイダが変わっても光回線の通信速度はほとんど変わらないと言われていますが、それでも微妙に違いがあるのは事実です。例えばauひかりよりもシェアが大きな光フレッツの場合で比べてみると、月額料金が高い所はやはり安定していて速度も速いことが多いのですが、やすすぎるプロバイダだと、回線が安定しないとか、速度が遅いなどのクレームが出ているようですね。

 

そうした点を考慮しながら、auひかりでどのプロバイダを選ぶのがおすすめなのかというと、so-netやBIGLOVE、@niftyなど大手のプロバイダなら安心ではないでしょうか。光フレッツとも提携しているプロバイダで、光フレッツの口コミでも高評価のプロバイダですし、auひかりのプロバイダとしても好評です。

 

特にauひかりの場合には、プロバイダごとに月額料金が変わるということはないので、できるだけ安定していて通信が早いと評判のプロバイダを選んだほうが、インターネットの満足度は高くなることが予想できます。

 

具体的な回線の速度ですが、auひかりで大手プロバイダを利用している場合には、プロバイダごとの大きな回線速度の違いは殆どありません。他脚、エリアとか接続環境などによっては、通常よりもつながりにくくて速度が遅くなってしまうことはありますし、逆に、かなりつながりやすくて快適ということもあるようです。一戸建てとマンションタイプとでもまた、回線の速度などは異なるようですよ。プロバイダごとにかかる料金が異なるのなら、リーズナブルなものを選ぼうかなという気持ちにもなりますが、かかる料金が同じのauひかりなら、安定感で選ぶのがおススメです。

 

auひかり公式サイトはこちら