auひかりでは、インターネットの回線サービスとプロバイダのサービスがコラボしているので、毎月受け取る請求書はauひかりからのものだけとなります。あちこちから請求書を受け取らずに済むというのは、家計を管理する人にとっては便利ですし楽ですよね。プロバイダがネット利用料金に含まれているというと、自分でプロバイダを選びたいなと考えていた人にとっては少しがっかりかもしれません。しかし、auひかりなら複数のプロバイダが選択肢になっているので、ライフスタイルやニーズに合わせてピッタリのものを選ぶことができます。

 

auひかりが提携しているプロバイダには、多くの利用者がいるソネットやビッグローブをはじめ、ニフティ、TCOM、アサヒネット、AUワンネット、DTIなどがあります。一戸建てに住んでいる人なら、このすべてのプロバイダが対象となるので、違いを比較しながら好きなプロバイダを選ぶと良いでしょう。ソネットやビッグローブなどのプロバイダは、どんなマンション形態でも対象となっていますが、ニフティやTCOM,DTI等はマンションのタイプによっては対象外になってしまうので、まずはAUのカスタマーサービスに相談してみてください。

 

各プロバイダの違いですが、料金面では違いはありません。プロバイダにかかる料金は、すべてauひかりの利用料金に含まれているからです。しかし、サービス内容はプロバイダごとに異なるので、ネットを最大限に活用したい人はそうした内容を比較しながらプロバイダを選択するようにしましょう。例えば、使用できるメールアドレスの数はプロバイダごとに異なり、DTIやTCOM、ニフティでは1つのアドレスを無料で利用することができますが、ソネットなら4アドレスまで無料、ビッグローブやAUワンネットなら5アドレスまで利用可能、そしてアサヒネットなら6つのアドレスを取得することができます。ただし、アサヒネットの場合、2つ目のアドレスからは最初に初期費用として200円がかかることになるなど、サービス内容が異なっています。

 

auひかり さらに詳しくはこちら