auひかりでは、インターネット回線利用にかかる料金と、プロバイダのサービス利用料が一つの請求書で送られてくるのが特徴です。あちこちから請求書を受け取らなくて良いので、管理がとっても楽になるのが魅力なのですが、auひかりがおすすめの理由はそれだけではありません。対応しているプロバイダがとても多く、たくさんの選択肢の中から自分の希望に応じて選ぶことができます。

 

auひかりでの利用が可能なプロバイダには、ソネットやビッググローブなどの大手プロバイダサービス業社があります。こうした大手の所は特典がビッグについているのが特徴で、例えばソネットの場合には、auひかりで契約するとセキュリティソフトが何と最大2年間無料で利用することができる特典がついていますし、ビッググローブの場合には、ブロードバンド出張サポートを何回でも無料で利用できる特典がついています。通常ならコストがかかるこうした特典が無料になることで、auひかりをさらにお安く利用することが可能になりますよね。

 

auひかりに対応しているプロバイダは他にもたくさんあります。例えば、ニフティでは、メールボックスは5GBまで無料で利用することができますし、有料となりますがたくさんのオプショナルサービスがついている点が魅力のプロバイダです。

 

アサヒネットも選択できます。このプロバイダは、メールアドレスを最大で6つまで取得することができるのが特徴になっているだけでなく、セキュリティソフトを利用できたり、メールボックスは無制限の容量で保存できるなど魅力的な特典がたくさんついているのが特徴です。リモートサービスはついていなかったり出張サポートなどのサービスは有料オプションになってしまうので、ある程度ネットの使い方を把握している人に人気のプロバイダとなっています。

 

その他には、DTIやTCOM,AUのワンネットなどのプロバイダがあります。それぞれ特徴やサービス内容が異なりますから、プロバイダを選択する時には比較検討しながら自分にピッタリのものを選んでお得に利用したいですね。

 

auひかり さらに詳しくはこちら



au光(auひかり)料金 プロバイダの比較

インターネット回線をauひかりにしても、それだけでネットサービスが利用できるわけではありません。プロバイダとも契約しなければいけませんよね。auひかりの場合には、基本的にどのプロバイダを選んで契約しても、かかる料金は変わりません。しかし、プロバイダごとにキャンペーンの内容が異なるので、選ぶプロバイダによってはキャッシュバックなどでお得なこともあれば、それほどお得ではないということもあるのです。

 

auひかりのプロバイダは、ソネット、DTI、アサヒネット、BIGLOBE、ニフティ、TCOM、au one netなどがあります。それぞれかかる初期工事費がありますが、30カ月から35カ月の利用で実質無料になるところが多いですね。プロバイダが提供するキャンペーンの中でも、最も大きな違いが出るのは、キャッシュバックのキャンペーンなので、プロバイダを比較する際には必ずキャッシュバックについて比較することをおすすめします。

 

キャッシュバックの金額ですが、アサヒネットの場合にはキャッシュバックのキャンペーンがないので0円、ニフティだと1万円、BIGLOBEは3万円、DTIは38,000円、そしてきゃしゅバックの金額が最大なのはソネットで45,000円となっています。この金額はかなりビッグですよ。こうしたキャッシュバックなどを含めると、プロバイダによって実質的な月額料金が異なります。最安値になるのはキャッシュバックがビッグなソネットで、実質月額料金は4022円ですね。一方、実質月額料金が最も高くなるのは、キャッシュバックなどの特典がないau one net の場合で、実質月額料金は6042円となります。けっこう大きな違いですよ。

 

一戸建てでもマンションタイプでも、選べるプロバイダの種類やキャッシュバックの金額は変わりません。しかし、もともとの金額設定が一戸建ての方が高いため、キャッシュバックなどの特典を含めた実質月額料金は一戸建ての方が高くなることが多いですね。目安としては、auひかりで一戸建て月額料金を契約する際には、3年契約だと5000円、マンションの場合には2年契約となって3800円となります。

 

auひかり公式サイトはこちら