ほかのインターネットサービスからauひかりに乗り換えると、最初にかかる工事費が実質無料になるというキャッシュバック特典がついてきます。この特典は誰でも自動的についてくるというわけではなく、いくつかの条件を満たすことが必要となりますから、申し込みの際にはできるだけ条件を満たせるように気をつけることが大切です。まず一つ目の条件は、auひかりの申し込みをする時には、プロバイダも一緒にAUから申し込みをすることが条件となっています。インターネットのプロバイダはたくさんありますが、AUが提携しているプロバイダもたくさんあります。それぞれのプロバイダごとにサービス内容や機能が異なりますから、複数を比較して自分にとって最も便利なものを選びたいですね。

 

また、auひかりのキャッシュバックキャンペーンを利用するためには、最低でも12カ月間は継続してAUひかりを使うことも条件となっています。これは最低利用期間と呼ばれるもので、キャッシュバックを利用する際には最初の契約書にその旨が記載されていて、そこに署名捺印することになるため、12カ月以内の解約はできませんし、するとペナルティが発生することになります。

 

ちなみに、このキャッシュバックキャンペーンでは、毎月の利用料からキャッシュバック分が少しずつ30か月間かけて帰ってくるという仕組みになっているので、30カ月よりも前に解約してしまうと、その分はキャッシュバックを受け取ることができなくなってしまいます。最初にかかる工事費を実質無料にしたい場合には、最低でも30カ月は使い続けるように工夫したいものです。また、キャッシュバックで受け取る金額は、請求書から差し引くという形になるため、最初にまとめて受け取りたいとか、現金でもらいたいということはできません。ただし、auひかりのキャッシュバックキャンペーンでは、プロバイダキャッシュバックやAUキャッシュバックなど工事費が実質無料になるキャッシュバック以外にもついていて、祖部分については最低利用期間を超えた時点で銀行振り込みとなります。

 

auひかり さらに詳しくはこちら



au光(auひかり) キャッシュバック条件は緩いか?

auひかりに限らず、光回線の業者では様々なキャッシュバックのキャンペーンを開催しています。そして、多くの業者では、キャッシュバックを受けることができるための条件が設定されています。そのため、キャッシュバックを行っている光回線業者だからと言って、必ずしも自分がキャッシュバックを受けられるというわけではないので、その辺をよく考えながら光回線業者を選ぶ必要がありますね。この条件ですが、各社ともに条件が厳しく設定されていてなかなか実際にキャッシュバックを受け取れないという人もいれば、比較的緩めに設定されているためにキャッシュバックを受け取りやすい業者もあります。auひかりは、キャッシュバックの条件という点では、比較的受け取りやすいのではないでしょうか。

 

auひかりでキャッシュバックを受け取るための条件をご紹介しますね。まず、開通してから最低でも12か月間は利用しなければいけません。また、auひかりを開通する際にはプロバイダをソネットもしくはBIGLOBEに申し込むことも条件となっています。もしも現在別のプロバイダを利用している人なら、auひかりに申し込む際にプロバイダも切り替えればキャッシュバックを受けることができますが、現在使っているプロバイダをそのまま継続したい場合だと、残念ながらキャッシュバックの対象にはならないので注意してくださいね。

 

また、auひかりでは、キャッシュバックの申請法がなく、自動的に受け取ることができる仕組みとなっています。この点は利用者から好評で、auひかりのプラスポイントとなっています。他の業者では、開通してすぐにキャッシュバックを受け取れるというわけではなく、受け取るまでには最低でも12カ月間は利用しなければならず、しかも申請の手続きができる期間が1ヶ月程度と短いために、うっかりしていると忘れてしまうということにもなりかねません。そうした利用者のジレンマをなくすために、auひかりでは開通してから最短で翌月末までにキャッシュバックを自動的に銀行口座に振り込んでくれるのです。

 

auひかり公式サイトはこちら